りんごの木のオーナー様専用ページ

HOME | APPLEOWNER | REPORT

りんごの木のオーナー様専用ページ


Apple Owner 2020

1d.jpg 1b.jpg 1c.jpg 1a.jpg

7月のご報告

沢山の激励のお言葉ありがとうございます。


梅雨が明け、猛暑の到来となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
さて、凍霜害をまぬがれたりんごは、日々大きくなっております。
オリンピック開催や高校野球の熱気に感動しながら毎日作業を進めております。
ただ、日差しが強すぎるため、所々、日焼けが見えはじめ、少し心配しております。
只今、最終の仕上げの摘果作業中です。
これからは、台風や雹被害に気を配りながらの作業となります。
収穫まで、もう数か月お待ちください。
6月のご連絡以降、温かい励ましのお便りを沢山いただき、本当に感謝しております。
少量収穫をご承知で契約を継続していただいた皆様、来年へ延期のご配慮をしていただいた皆様、本当にありがとうございます。
少しでも収穫を楽しんでいただけるよう、これからも努めて参ります。
まだまだ、猛暑日が続くと思いますが、どうぞお体ご自愛下さい。
 


 

  7月の作業風景 7月の作業風景 7月の作業風景 7月の作業風景

 

6月のご報告

50年の歴史の中で初めての被害状況


6月の暖かい初夏の気候の折、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
既に、新聞等の報道でご存じの皆様もおられると思いますが、4月上旬に凍霜害の果物栽培への影響が、各地で報告されました。3月の暖かい陽気で、花芽の生育が進んだところに4月の凍霜害が起き、地域によっては、全滅の被害報告となりました。
 
当園におきましても、同様に、4月6日・8日・9日10日の夜間低温(-2°C~-6°C)の為、つぼみの中で「めしべ」が障害を受けてしまいました。開花はしましたが、受粉できず褐色になって落下してしまいました。
目通りから下は、着果皆無です。摘果作業まで進めた結果、よく見積もっても、例年の3分の1の収穫量と試算致しました。
 
りんごの花は咲いたので、一時的にほっとしたのですが、結果的にりんごの実にならず、調整しながら摘果作業をしておりました。上段の着果した量を見ながら、最終的な見通しがつきましたので、ご報告させていただきます。また、今後、落下等の被害もよそうされますので、りんごにつきましては例年の4分の1程度の収穫量となるかもしれません。

このような状況ですので、現在未入金のオーナー様につきましては、お申し込みをご辞退させていただきます。
発送ご予約で未入金のオーナー様につきましても同様に、ご辞退させていただきます。
くれぐれもご入金されないよう、ご協力お願い致します。
 
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
自然災害によるものですので、何卒、ご理解の程宜しくお願い致します。
また、既にご入金いただきました、オーナー様につきましては、収穫量の確保に努めさせていただきます。
ご贈答品につきましては、全ての品種につきまして、お受けできない状況です。
りんごの木のオーナー様最優先で、作業を進めておりますが、さらに被害が拡大した場合は、



①全額ご返金
②収穫後、保障キロ数不足分のご返金
③来年【2022りんごの木のオーナー】の先行予約ご入金という形に変更
のいずれかで、お願いさせていただきます。



来年へのご予約変更が可能なオーナー様はご連絡いただければ幸いです。
品種によって、被害状況は異なりますが、ぐんま名月につきましては、ほぼ全滅に近い状態です。

暖かくなるこの時期に、明るいご報告をさせていただきたかったのですが、非常に悲しいご報告となり申し訳ございません。再三となりますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。また、2022りんごの木のオーナー募集につきましては、現状を鑑み、5月中旬に変更させていただきます。
 
当園50年の歴史の中でも、このような状況は初めての経験です。自然災害の恐ろしさと向き合いながら、今後もできる限りの栽培継続に努めさせていただきます。今後とも宜しくお願い致します。
 


 

  6月のりんごの木 6月のりんごの木 6月のりんごの木 6月のりんごの木 6月のりんごの木 6月のりんごの木

 

5月のご報告


  
剪定作業作業も順調に終わり、やっと暖かい季節となりました。ただ、日によって、10度以上の温度差があり、まだ、防寒着が片付けられません。
剪定の方法は、品種によって、異なります。収穫時期により、日差しの当たり方が違います。それに応じて、実の付ける場所を考えて剪定していきます。これが、一番大切な作業です。
剪定した枝の片付け、りんごの木の根元の稲わら敷、受粉作業も終わりました。
りんごの開花とともに、只今、摘花作業の真っ最中です。朝の冷え込みの影響で、下側の花芽に凍傷の影響が出ていますが、影響を受けていない花芽を残していきます。今後の天候により、調整しながら、最善の状態にしていきます。
りんごの実になるまでには、もうしばらくかかります。 
園内風景は下記よりご覧ください。
 


 

 

 

3月の配信メール


  
暦の上では春が近づいておりますが、寒さを感じる日もまだ多い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
先月は、各地で山火事のニュースが報道されておりましたが、安曇野でも同様に、乾燥した強風の為、度々、火災発生のニュースが伝わってまいりました。
当園でも、剪定した枝を燃やす際は、午前の風のない時間帯に行っております。飛び火すれば、一面焼け野原になってしまいます。何気ない作業のように思えますが、一つ一つ慎重に行わなくてはなりません。
剪定作業も順調に進み、やっと、全体の半分くらい剪定が終わりました。
天気の移り変わりが激しい季節で、身体がついていきませんが、一雨毎に春の訪れを感じるようになっております。
りんごの開花も、例年通りのご報告ができそうです。
 


 

 
3月の園内写真

 

3月の園内作業

3月

園内作業
3月の園内作業

3月

園内作業
3月の園内作業

3月

園内作業
 

2月の配信メール


  
令和3年が始まり早いもので、一ヶ月があっという間に過ぎました。
 
農園では、昨年から引き続き、地道な剪定作業に追われている毎日です。古い木や、弱ってしまった木の伐根は終わっていますので、歩いての下段の剪定と、高所作業機での上段の剪定作業を行っております。高い場所での作業は、冷たい風の日は凍えてしまいます。そのため、天候によって作業場所を変えています。 気温的には少しプラスの気温でも、強風の日が多く、体感的にはマイナスに感じてしまいます。
 
今日は、久々の雪となりました。2月に入り、雨模様の暖かい?気候が続いておりましたが、雪の方が安曇野らしさを感じれます。薪ストーブ用の剪定したりんごの枝も、雪をかぶっております。休憩時間のビタミンは、いつも焼きりんごです。 
 
春はすぐそこまで来ています。寒い季節もあと少しです。お体を大切に、今しばらく冬の季節をお過ごしください。世の中も、春の便りが訪れることを祈っております。
 


 

2月の園内作業

2月

園内作業
2月の園内作業

2月

園内作業
2月の園内作業

2月

園内作業
 

1月の配信メール


 
 
2021りんごの木のオーナーにお申込みいただき、ありがとうございます。  
新しい年を迎え、コロナや寒波等、はやくも様々な事がございますが、 皆様お元気にお過ごしのことと存じます。
 
園内作業も順調に進んでおります。 しばらくは、りんごの剪定作業と枝の運び出しの毎日です。 
世の中の生活スタイルは、だいぶ、様変わりしてきたようです。
当園は変わらず、人の少ない、冬場の園内作業が続いております。
良し悪しはございますが、本年も穏やかに過ごせることを祈る毎日です。
 
例年通り、適宜メールにて園内作業や風景等のご連絡をさせていただきます。
メールご登録済みのりんごの木のオーナー様で、万が一メール配信されていない場合は、お手数をお掛けします。
ご連絡ください。

 
皆様にとって、令和3年が良い年となるよう祈っております。 本年も変わらぬご愛顧、宜しくお願い致します。


  

1月の園内作業

1月

園内作業
1月の園内作業

1月

園内作業
1月の園内作業

1月

園内作業
 

りんごの木のオーナー様 配信メール


 
 
オーナー様へのご連絡につきましては、例年同様、5月より開始させていただきます。ご希望の場合は、お名前・お申込内容を添えて、下記メール宛にご連絡ください。また、ご登録済みのオーナー様につきましては、 info@azuminofl.comよりメールが受信できる様、メールの受信設定をお願い致します。
 
 

ご来園のご予約について
 

ご予約フォーム(オーナー様専用)


りんごの木のオーナー様専用のご予約フォームです。オーナー登録が完了していない場合は、ご利用できません。ご登録完了後、下記よりご予約ください。突然のご来園には、対応できないケースがございます。予めご了承ください。


お申込みフォーム
りんごの発送ご依頼